上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

みんなに届くPCR検査を促す短信

なんやかんやと理由をつけて、上海市民に3日で3回のPCR検査を促している模様。
先日の国の発表により、市や区はPCR検査を強制できないので「3日で3回のPCR検査を受けるように」と要求をしています。
強制ではないのだけれど「要求に応える義務がある」そうなんですよww
これに応えなければ相応の罰則があるよという脅迫w

ちなみに私はスターバックスには行っていません。
近くは通ったがな!
PCR検査を受けるためになw


こんな感じでアレコレ理由をつけて、全市民に3日で3回のPCR検査を促しています。
決して命令はせず要請しているだけ。要請を無視したら罰はあるけどね。
なんか昭和の部活を思い出すww
先輩の理不尽な独自ルールに縛られて大変だったあのころww
まあ実際のところ、私は文化系なので、その理不尽は経験していませんがw
そのうちPCR検査前にうさぎ跳びとかさせられそうww

そして、ついこの間、再開したディズニーが、また閉園です。
そらそうだ。
この状況で一体誰が行くというのか?
テレビ塔の展望台も閉鎖になるようです。
そのほかにも、閉鎖になる観光地が増えていますね。



上海市では、このような発表をするときに、ウィチャットをフル活用しています。
記事の下に、市民がコメントできる欄が設けられています。
コロナ関連の記事のコメント。
すごいでしょ?

多くの市民が不満を抱え、デモまで行われているというのに、コメント欄は上のような感じ。
「みんなで頑張ろう!」
「ウィルスをやっつけよう!」
「自主的に防疫に取り組もう!」
「責任は個々人にもある」
「マスクと社会的距離は忘れずに」
とかは、毎回毎回、書かれています。

すごい情熱をもって検閲してるんでしょうね。
情熱の向けどころが間違っていると思う…
その情熱は捨てて、普通の生活を取り戻すために頑張ってほしいのですがね。

ちょっと前に日本でネット規制法案が通り、それで「言論の自由が~」とかヤフコメなどで言っていましたが、言論の自由とは何ぞや、と考える良い機会にもなりました。
言論の自由を奪われるとはこういうことよ。
日本の規制は誹謗中傷に対する規制ですから必要だと思います。

デモが行われていることは、もうほとんどの中国人が知っています。
そして昨日の48時間縛り発表。
腹に据えかねたんでしょうね~。
阿姨さんが来たと思ったら、20分ほど不満を話してから、仕事にかかってましたw

夏に浦東空港に行った時も思いましたが、清掃などの方がいませんでした。
高級ブランド店からカフェに至るまで、全部しまっているので、店員さんもゼロ。
そうやって失業した人はお金がないし、ある人でもコロナを避けるので、レストランなども稼働率が落ち、クビを切られた服务员続出。
お金がない人が増えたので…
という風になっているようです。

阿姨さん曰く。
そうやって早々に失業しちゃった方々が、いよいよお金も尽き、家賃が払えなくなっているそうです。
中国では大家の権利がすごく強いのですが、低収入層の店子を出ていかせるのも大変。
家賃収入がなくなった大家もすごい痛手。
阿姨さんのお友達に、そういうケースがぼちぼちと出ているそう。

上海市が4回目の「ネットショッピングで使える金券の抽選イベント」をやると発表しましたね。
私も応募しました。
予定外の4回目をやるところに回復しない経済への焦りが見られます。
どうやっても回復しないって、そりゃw
収入を絶たれた低所得者層に150元が当たったところで焼け石に水
きっちり150元を食費や日用品に使うだけでしょう。
余分に100元払って、迷っていたものを買ったりはしないと思います。
税金の無駄遣いですね!

会社に対する救済制度も2020年の時とは変わっているようですね。
2020年の春節明けも、なんだかんだで1か月ほど社会も会社も止まっていました。
夫の会社の場合。
その救済策として、法人税など様々な税に対し、減税や免税があったようです。
さらに、補助金も出たようです。

今回は、補助金のみで減税免税はなし。
その補助金の使いかたも自由度が減ったうえ「はよ使わんかい」的なプレッシャーがすごいそうですw

二度目のロックダウンはないだろう、と聞いてはいますが、もうわからないですね。
賢い人が一周回って馬鹿になると手が付けられないなあ、って思います。
普通が一番!