上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

更にきゅきゅきゅな政策 君子危うきに…


今日、高島屋に買い物に行ったら…

こんなことになっていました。
「防疫対策の影響を受けて、1F&B1Fが閉鎖中」とのこと。
そこに行きたいの~。
野菜や肉を買いたいの~。

面白いことに、2階から上は営業中。
サレペペ(閉鎖中)の横を通って、エレベーターに乗って、上に行くことはできます。
だからランチは食べられるし、ダイソーにも行けます。
いや、こんなになってたら怖くて行けないんですけどwwwとか思いながら行ってみたら、ランチタイムの7階のレストラン街には、客がいました。
エレベーターも満員だしね。
もう意味が分からんww

結局、72時間縛りから48時間縛りへと、さらに厳しいコロナ対策が取られることになりました。
でも地下鉄ルールと勤労ルールは変化なし。
働けよ!っていう強いメッセージを感じますね。
ここが一番、伝染するところやろ~と思うんですがね。
本気で感染流行を止めるつもりがあるのか?それともポーズ?と聞いてみたい。

それから。
先日の火事を引鉄にデモも起こっているようです。
小規模なものですが、各地で行われているようです。
ただ「クリスマスをぶっ潰せ」とか「打倒バレンタイン」とか気軽にデモができる国ではないですから。
小規模とはいえ、この国で政府を糾弾するデモが散発していることを考えたら、今後の展開が気になります。
弾圧に走るのか、自然に収まるのを待つのか、よそに目を向けさせるのか?
無意味なコロナ政策をやめるのがベストだとは思いますが、どうでしょうね?

今後の動きがどうなるのかは誰にもわからない。
ということで、領事館からメールが来ていました。

メールのポイントは二つ。
君子危うきに近寄らず。
パスポートは必ず携帯すること。
いつか安心して暮らせる日がくるのでしょうか?