上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

日本から持ち込んで隔離中に使ったもの その2

そのほかいろいろ。
日用品で持ってきたよかったのは、まずボックスティッシュ

こちらのホテルの隔離グッズに、やわらかめのティッシュペーパーはありません。
鼻や顔を拭くのには躊躇する固めのティッシュです。
それだけでは不自由なので、ティッシュペーパーは必須かと思います。
ポケットティッシュを何個も持ってくるよりは、ひと箱ど~んと用意したほうがいいかなと個人的には思います。
私はアレルギー体質なので鼻セレブは欠かせません。

それから刃物は必要だけれど果物ナイフはNG

お昼のお弁当には、毎日果物があり、それは皮付きという情報は得ていました。
「生野菜」が出てこないので、やはり果物は食べたくなると思います。
だから果物ナイフを持っていたのですが、もれなく、指を切りました
夫も私もです。
「切る」というより「削ぎ」ました。
普段使いの三徳包丁と刃の角度?が違うからかと思います。
いつもと同じ感じで剥いていたら、スパッと指の腹を削ぎました。
日常で果物ナイフを使っている方は問題ないと思いますが、そうじゃないなら、三徳包丁を持ってきましょう!
生活が始まったら、どうせ包丁は使います。必須です。
果物ナイフと三徳包丁の大きさは、そんなに変わりませんから!
锦江酒店には刃物類は外卖不可というルールがあるので、手持ちの荷物に入れてきたらいいかと思われます。

それから数々の使い捨て商品。
個人的には持ってきてよかったです。
ズボラの道を究めたいと思います。

特にこの使い捨てタオルは、掃除にも使えるので重宝しました。
スーツケースの隙間埋めにも使えます。
「普通のタオルでいいやん?」と思いますよね。
ダメなんですよ。
元来、私は超ケチな人間なので普通のタオルだったら
「これで捨てたらモッタイナイオバケでる~、面倒くさいけど洗ったら使えるし、でも洗いたくないし、でももったいないし、でも洗いたくないし…」
と悩みを増やすグッズと化してしまいます。
最初から使い捨てなら、罪悪感ないので。

暇つぶしグッズ。
まず運動に関して。

ヨガマットとゴムは使っています!
4,5月のロックダウンの経験が生きています。
久しぶりに普通に歩くと、本当に足が動かないんですよ。
散歩が強度の高い運動になります。
ゆる筋トレと散歩では使う筋肉が違うんだなと実感しました。
今回は春の反省も生かし、ゆる筋トレだけでなく、有酸素運動も頑張っています。
その場足踏みを10分。
それに部屋を北から南へ何往復もしてみたりしています。
毎日1時間程度は運動しています。

その他、持ってきたよかったもの。
レジャーシート。
バンドエイド。
台所用スポンジ&風呂用スポンジ。
忘れる方はいらっしゃらないと思いますが、常備薬は必須。

不要だったのはHSKテキストと過去問。
これは一切、手を付けていませんww
たとえ隔離が1か月に伸びても、絶対にやらないだろうwww
スーツケースの奥で眠っています。
重かったな、要らんかったな…

午前中は割と忙しいんですよ。
8時からご飯を食べて、食べ終わったら、ゴミ出しして。
隔離中とはいえ身支度して、ちょっと部屋を片付けて。
一息ついたら、PCR検査の子がやってきます。
検査をして、運動が終わって、ちょっとゆっくりしていたら、体温を測りに担当の子がまた来ます。
そして昼食がやってきます。

午後は自由時間!とか思うと、もう勉強はしない!
少なくとも私はしない!

ただでさえ荷物は重いし、スーツケースはパンパンだし。
「もしかしたらやるかもしれない」くらいのものは、持ってこないほうがいいかもしれません。