上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

隔離ホテル(锦江酒店)の食事 その1

锦江酒店は、フロントも大白も親切です。
ホテルは古いですが、そこそこです。
備品もそれなりに揃っています。
中国なので部屋は広いです。
まあ、隔離ですからね。
隔離と思えばそれほど悪くない環境、という感じでしょうかね。

気になる食事ですが、毎食、お弁当です。
お弁当の味は悪くないです。
白ご飯もにおいません。
このホテルで隔離されているのが、ほとんど日本人、というせいもあるのかと思いますが、中華でも中華色薄め。
日本人の口にも合う中華になっています。

それでも私は3日目から、夕食を受け付けなくなりました。
胃が拒絶。
日本から持ってきたチキンやサバで繋ぎました。
なんででしょうね?
味の問題ではないです。
味は本当に悪くないです。
朝と昼は問題なく食べているのに、夕食は食べられない。
仕方ないですね。

さて、お弁当の内容ですが…
日付順に並べるつもりが、分からなくなってきましたw
内容はそれほど変わり映えもしないので、三日分のお弁当を載せてみます。

順番は前後しているかもしれません。

朝食は炭水化物祭り。おかゆも春巻きも馒头も普通においしい。
昼食も普通においしい。
夕食の茄子は美味。肉は辛くて食べられず。
味は悪くないけれど、間食したところでたんぱく質不足は否めず?

朝食は炭水化物祭り。肉まんが美味しい。初日とは牛乳メーカーが変わっている。なぜ?
昼食のチキンが美味しい。レストランで焼き立てを食べたらほっぺが落ちるかも。焼きたて熱々が食べたい。
夕食のエビと豆腐は美味。右下は里芋。右上は中国野菜「茭白」の甘辛煮。肉ではない
やはりこの日もたんぱく質は足りない気がする。

朝食はやはり炭水化物祭り。醤油御飯焼売が美味しい。
昼食は肉団子も茄子も美味。
夕食はメインが辛くて食べられず。
うん、タンパク質は足りないと思う。

朝は牛乳。
昼はフルーツ。
夜はヨーグルト。
これはデフォのようです。

3日目までは、3食おいしく食べていたんですよ。
でも中華続きだと気持ちと胃に負担がかかってるのだな、としみじみ思いました。