上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

活気の戻った成田空港ですること

成田空港の国際線搭乗口では免税店もレストランもほぼオープンしていました!
お客さんは少なめですが、活気が戻ってきています!!
中国のクレカが使えるので円安の今が買いどき♪
うれしくて買い物しちゃいましたw

通常を取り戻しつつある日本・成田空港で、いつまでもゼロに固執する中国に旅立つためには、阿呆のようにたくさんの手続きが必要です。
前もってする必要のある2回のPCR検査と健康コードの申請だけでも疲労困憊だと思います。
でも空港でもまだまだやるべきことがあります。
出発の3時間前には行くようにしてくださいね。
私たちは3時間半前に到着しましたが、いろいろな手続きをしていたら、それほど余裕はなかったです。
せっかく免税店もレストランも空いていたのに、一軒しか見られませんでした。
わりとやることがあるので5時間くらい前からでも、それほど時間は余らないと思います。もし余ってもお買い物も食事も楽しめます!

中国以外なら必要ない手続きだと思いますが、以下の感じです。
それぞれ完成したら、スクショを取っておくのを忘れずに!

成田到着したら、2つのQRコードを読み込んで、記入しなければなりません。
この時点でウィチャット(微信)を準備しておく必要があります。



1.左側の「旅客告知书与人承諾书」から始めます。
こちらは簡単です。
入力項目も少ないです。
最後に手書きのサインをしてください。
問題なくできると思うので割愛。

2.右側の「海关健康申报」が少し面倒なうえ、ウィチャット(微信)必須。
しかし、プライバシーなどない世界なので、名前やパスポート番号や電話番号などは、すでに記入済みだったりします。
虫食いブランクがあるので、見落とさないように、ゆっくり入力してくださいね。

私は、この時問題発生しました。
左側の「中文版」を読み込んでやっていたのですが、アップロードできませんでした。
何度やってもダメ。
「英語版でやればできるかも」とグランドスタッフさんからアドバイスを受け、英語版でやってみたら出来ました。
何かをやってみてダメな時…
ほかの手段が用意されているなら、そこを試してみるとうまくいくことは、中国では往々にしてあります。
海关健康申报」のほうは、後々、使いますので、スクショ必須です。


ここら辺は、成田のグランドスタッフが手取り足取りしてくれるので、心配ないです。
どーんと大船に乗ったつもりで大丈夫です。

成田空港は、だいぶん、賑わいを取り戻していました。
とはいえ恐らく旅客は通常の3割程度だと思われます。
が、これからもっと自由になるよ!増えるよ!!という楽しさにあふれていました。
レストランもショップも、ほぼオープンしていました。
私たちは、中国の銀行のクレカは使えます。
「この円安、買わなきゃ損!」というスイッチが入ってしまいました。
搭乗時間が押していたうえ、スーツケースはパンパンで入れるスペースもないのにw
出国手続きが済んだら、すぐにエルメスがありますよね。
スカーフなら軽いし!

カレを二枚購入しました。
使い勝手のいい90で、ベースが白っぽいのと赤っぽいのとで2枚。
早く開けてみたいのですが、まだまだ隔離ホテルなので我慢しています。

これだけの円安はさすがにどうかと思うのですが、この日の私にとってはありがた~いレートでした。
エルメスのカレ2枚で、なんと!!

5300元足らず!!
めちゃくちゃ安い!!

免税店もオープンしている円安の今は一時帰国チャンスかもしれません。
めちゃくちゃ安く買えますよ~。

実は上海にきて、2枚のスカーフを落としました。
夏の上海の建物内は、エアコンがキンキンに効いていて寒いことが多いです。
なので、カバンの持ち手に括っていたのですが、気が付けば、無くなっていました。
シルクは滑るから、いつの間にか落としたのだと思います。
決して盗まれたわけではないと信じています、ええ、信じていますとも。
この2枚は落とさないように気を付けたいと思います。