上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

隔離の沙汰も…少しの中国語力とコミュ力と度胸次第と感じる封鎖20日目

個人の能力不足が引き起こした困った事態の報告。
嘘ではないけれど、おおげさ・紛らわしい報告。
それを一般的な上海駐在日本人の生活のように、全国ネットでニュースにするのはやめてほしい、と切に願います。

そういう報道が出るたびに、日本の身内・友人から連絡が入ります。
いまだに私を思ってくれる人たちがいて、嬉しくてありがたいからこそ、無駄に心配をかけたくないんです。
特に後期高齢者の域に入った親には。

たとえば先週14日。
ある上海在住の記者が、冷蔵庫を公開し、窮状を訴えていましたが、本気で「マジで!?」ってドン引きしました。

私の場合ですが。
事前購入した食品が少なくなってきたのが、隔離一週間の4月7,8日あたり。
あと5日は大丈夫だけれど隔離期間が延びるかも、と予想ができたので、初めてグループ購入に参加したのが8日。

一回試すと度胸がついて高額化w↓

3、4日後から、注文した商品が続々と届き、14日には、冷蔵庫に入れるのに苦労していたくらいの時期でした。

小区では4月はじめにグループ購入が立ち上がったという情報を得てました。
でも、たくさん買いだめしていたし、引っ越したばかりだし、中国語もできないしと躊躇。
それでも、「隔離が長引きそう」と感じた8日に、超低い中国語力と少しのコミュ力とBBAの度胸で参加しました。
私は参加までに時間がかかったほうだと思います。

だから14日に「冷蔵庫は空っぽTT」とか言ってる方の職業が記者なのには、非常吃惊了。
この方は、アラフィフ駐妻よりも、中国語力が低いの?コミュ力がないの?度胸がないの?隔離が延びる可能性には思い至らず?無為無策で日々を過ごしてらしたの?
そんな疑問に感じることを堂々とおっしゃっていて、ある意味すごいなと感心しました。
さらに記者という立場の人が手に入れられる情報がこの程度(=ゼロ)なら、一般日本人に降りてくる情報がないもの仕方ない、とあきらめの境地にも至りました。

いろいろな報道媒体が、このような記事作りをしているなと思います。
嘘をついているわけじゃないんですけど、最も衝撃的で最悪な1分間、最も衝撃的で最低な1㎡を切り取って、それがあたかも通常の光景だと思わせる記事を書いている気がします。
また
「もしかしてこの記事は真偽が定かでないモーメンツから拾ったネタじゃないですか?同じネタ見ました。取材したんですか?」
と質問したい記事にもぶち当たる今日この頃。「ソースは?」ってかつての2ちゃん?
日本で流れている上海ニュースは「平均的な上海像ではないな」と思います。
記事も見てもらってなんぼ、読んでもらってなんぼですから、仕方ないんでしょうけど。

こちらで開業していたり、採用されているかたなどは、少し事情が異なるとお聞きしていますが、私が知っている方は、みなさん、すごいです。
異国で、自力で、道を開いている方々ですので、高い中国語力とコミュ力と度胸がおありの上、高い能力もお持ちです。
もともと自分の力を分けることを惜しまない方が多いですよね。
その能力を生かして、積極的にボランティアなど動かれているかたも、ちらほらお見掛けします。

特に「冷蔵庫が空っぽ><」的な個人的なことをさらけ出すときは、自分の現状が一般的な駐在日本人の現状なのか、確認してからニュースにしてほしいです。
嘘じゃないけど、「みんな同じ」と思われるような、大げさ・紛らわしい記事は特に慎重にお願いしたいです。