上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

杭州初日 灵隐寺

f:id:shimake:20210501222437j:plain

f:id:shimake:20210502003503j:plain

ランチ後は「灵隐寺」を散策。
ここも人であふれていましたが、広くて、自然が多いところなので、さわやかな気持ちですすむことができました。

世界遺産に指定された、石仏が彫られた山は、壮観でした。
一見の価値あり。

f:id:shimake:20210501222443j:plain

f:id:shimake:20210501222436j:plain

また、山肌だけでなく、洞窟にも面白いものがあります。
明治頃にもまだ庶民が掘ることが許されていたようで、日本人の「落書き」も見られますよ。
「書く」というより「彫る」で、一句。

f:id:shimake:20210501222529j:plain

お寺の中、境内も、素晴らしいところでした。
木造の座像は見ごたえありです。
自然豊かな山にあるお寺なので、ちょっとしんどいのですが、すごい良いです。

さて、例の…。
いいですか?
きれいじゃないものの話。

トイレについて。
屋外トイレレベル3です。
決してキレイではないですが、この程度の屋外トイレは、日本にもたくさんあります。
普通のトイレです。
観光客だらけの状態で、そこそこ綺麗に保たれています。
「絶対だいじょうぶ」とは言いませんが、まあ、普通に使えると思います。