上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

佘山世茂洲际酒店 雰囲気など

f:id:shimake:20210103182333j:plain

ロビーの雰囲気

12月31日から1月2日にかけて、二泊三日で松江にある「上海佘山世茂州际酒店 インターコンチネンタル上海ワンダーランド」に泊まってきました。
炭鉱跡に作られた面白いホテルでした。
上海市松江区の端っこにあるので、ホテル近辺はゴルフ場と子供向け遊園地が一つあるだけです。
いわゆるホテルステイを楽しむにはピッタリで、ゆったりと過ごすことができました。一度、泊まってみる価値ありですよ!

f:id:shimake:20210103182342j:plain

f:id:shimake:20210103182355j:plain

部屋の雰囲気

私たちは「クラブレベルで一番安い部屋」に宿泊しました。
B11階の素敵なお部屋でした。
このホテルは、潜れば潜るほど良いホテルなので、地下に価値があります。
そんなコンセプトも変わっていて楽しめました。

f:id:shimake:20210103184527j:plain

f:id:shimake:20210103182400j:plain

クリスマスツリーなどは、春節まで出すのが中国風のようです。
夜はライトアップされていてきれいでした。

廃坑した炭鉱の何とも言えない景色は、実は、ホテルの内廊下から見るのが一番良いです。
がっと山肌が迫ってきて、迫力満点です。
宿泊しなくても、レストラン利用でも見られると思います。
とにかく、ホテルの中から見るのがおすすめです。