上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

無錫 太湖

「夢の大作ツアー・太湖」へ行ってきました。
なんでも琵琶湖の2.5倍の大きさがあるということ。
「湖平線」が見えます。
本当に雄大な景色でした。

「無錫旅情」の三番は、太湖の景色が歌われています。
歌詞の世界を堪能しましたよ!

昔ながらのジャンクが走る
f:id:shimake:20200815181406j:plain

それは、帆船。
今では観光用にしか走らせていないそうです。


はるか小島は三山か
f:id:shimake:20200815181508j:plain

実はこれは三山ではありません…
真ん中の島と右側の突き出した部分が「三山」の一部。
最も大きな「三山」は、納められませんでした。
右の突き出した部分の隣に「三山」の最も大きな部分があります。
でもまあ、気分ってことで。
はるか小島ってことで。

鹿頂山から
f:id:shimake:20200815181849j:plain
塔があるところが「鹿頂山(ろくちょうさん)」です。

太湖をのぞめば 心の中まで広くなる

「江苏省無錫市」側にある塔に上がって太湖を見下ろしました。
「湖平線」が見える雄大な太湖の景色が、おそらく大作の見た景色。
湖平線の向こうは浙江省なのだから、本当に大きいです。
f:id:shimake:20200815182038j:plain

そこから、ほんの45度カメラの角度を変えるだけで
f:id:shimake:20200815182017j:plain
大都市無錫の街並みが見えます。
こちら側の景色は、大作の知らない景色だと思います。
すごい発展ですよね、中国。

太湖の「鼋頭渚公園」の中をバスと船を使って、たっぷり回ってきました。
公園内には「無錫旅情」の歌詞を記した石碑もたっています。

大作に絞って紹介しましたが、琵琶湖より全然広い湖です。
見どころは、ほかにもたくさんありました。
壮大で美しい場所でした。

トイレはとてもきれいですよ!
「外」の観光地としては、設備も掃除も行き届いています。
もしかしたら、日本よりもきれいかもしれません。
安心して、太湖を楽しんでください。

上海から日帰りは、無理な距離です。
蘇州と合わせて、一泊二日の日程で来られることをお勧めします。

大作、いいですよ、大作!
久しぶりに大作を思い出し、検索してみたら、2012年に中国に招待されていました。
一曲だけでいつまでも食べられるのが演歌!
素晴らしいですね。

今日の観光はこれでおしまい。
3日間お世話になる「蘇州W大酒店」へと向かいました。
また、後ほど紹介いたしますが、とても素晴らしいホテルでした。
近代的・近未来的でインスタ映え間違いなし。
従業員の方々のホスピタリティも高く、大満足でした。

ただ、未来的過ぎて、BBAには持てあますところも…
お部屋の電気について、最後まで把握できずに終わったわ。
廊下も素敵すぎて、エレベータのボタンがどうかしており、場所がわからなかったりしたわ。

そんな体験も面白く、本当に素敵なホテルでした。