上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区で暮らす駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

2021年4月12日~18日 家計

2021年4月12日~18日 家計簿(単位:元)

4月12日
食費    108.34   
合計    108.34

4月13日
外食          318
日用品        40
光熱費      190.9
交通費        20       
合計          558.9

備考
・電気代190.9元

4月14日
食費     148.78
外食       50        
合計     198.78

4月15日
食費         96.2
外食        280.6
日用品      40
被服費    275.3
交通費      38        
合計        730.1

備考
・茶館にハマる。今日行ったところも大正解。落ち着く。

4月16日
外食     291    
合計     291   

4月17日
食費           563.6            
中食             54
外食           136
日用品       191.6
ワクチン   100
ガス代       267
交通費         46.8     
合計         1359

備考
・第一回目のワクチン接種。思ったより身体はラク。噂通り腕は痛い。
・久光で「LUCKY APRIL」なるものが始まる。今月末30日まで。とりあえず、今週末は屋台が出るらしい。
こういうイベントを見ると、なんとなく楽しい気分になる。

f:id:shimake:20210418212045j:plain

f:id:shimake:20210418211712j:plain

・2か月分のガス料金267元。

4月18日
食費          20.6
中食          42
外食        480
飲料水      74.8
被服費  1590
その他      50      
合計      2257.4

備考
・その他50元は靴修繕費用。捨てるつもりの靴のクリーニングに出してみた。どうなって帰ってくるのか楽しみ。

ワクチン接種翌日 体調良好

とりあえず、今日の体調ですが、悪くないです。

夫婦そろって、10時間ほど爆睡したので、肉体的も精神的にも疲れていたのだろうし、多少はワクチンの作用もあったのではないかと思います。
それ以外でいうと…

夫は、腕の痛みもなくなり、いつも通り、という感じらしいです。
本当に元気で感心します。

私の場合は、左の首から脇にかけて、まあまあ痛みがあります。
首が回りません。
握力もまだ戻ってきていません。
ただ、この痛み情報は、家政婦さんから聞いていたので、あわてず騒がず、です。
家政婦さんもお友達やご家族も、打った方は、数日腕が上がらなかったそうなので、私もその仲間入りです。
家政婦さんの世間話ネタに「日本太太も腕が痛くて上がらなかったらしいよ」というものが加わることでしょうw
「注射したほうの腕」の調子は、2.3日悪いのがデフォのワクチンです。
数日の我慢です。

朝は「なんとなくダルい」という症状も出ていました。
これは「ワクチンの副反応」というよりは「ワクチンを打った打ってしまった打ってもうた~」という気持ちの問題だったようで、現時点では無くなりました。

アナフィラキシーを起こしたり、蕁麻疹が出たり、アトピーが爆発したりはしませんでした。
発熱もなく、咳や鼻水もなく、まあ元気なほうだと思います。

副反応は二回目のほうがキツイらしいので、ちょっと心配ですが、我が家の場合、一回目はこの程度でした。
二回目の注意事項について、上海发布に載っています。
気になることに、丁寧に答えてくれていました。
気になる方はどうぞ目を通してみてください。

f:id:shimake:20210418222043p:plain

f:id:shimake:20210418225417p:plain

 

ワクチン接種 1回目

自己責任で一回目のコロナウィルスワクチンを15時過ぎに打ってきました。
长宁区では、追加募集がガンガン出ていて、当日中の予約も可能だったので、夫は松江区の予約をキャンセルして、17時半から受けました。
現在、长宁区の外国人枠には余裕があります。

f:id:shimake:20210418000948p:plain

接種が終わると「健康云」の「接种记录」にこのように記録されます。
いずれ、これがワクチンパスポートになるのでしょうか?。
どうなんでしょうね?

23時現在、副反応がゼロではありませんが、アラフィフ夫婦そろって元気です。
筋肉注射なので、腕の痛みはあります。

もともとの健康状態ですが…
夫。
アラフィフなのに病気知らず。とても健康でとても元気。
私。
自己免疫疾患(関節リウマチ)患者。
免疫抑制剤(メトトレキサート)服用中。
更年期障害
ホルモン剤(ディビゲル)塗布中。
アレルギー体質。

こんな状態ですが自己責任で接種してきました。
ものすごくスムーズにすべてが終わりました。
受付から接種終了まで15分程度でした。

さて、接種のために、まず、同仁医院へ。

f:id:shimake:20210418000850j:plain

5号楼前テントで手続きをします。
ボランティアの方がたくさんいらっしゃるので、英語が話せる方は問題ないです。
また彼らは、優しくて、しっかりしているので、英語も中国語もできなくても、何とか前に進むことができました。
中国人らしからぬ、ソフトな方たちでしたよ。

そこで問診票や誓約書的なものを書きます。
以下の3枚です。

f:id:shimake:20210418001203j:plain

問診表は、全部「NO」でなければ、接種できません。
「名前」と「サイン」を書くところがあります。
名前(Recipient's Name)はパスポートと同じです。
サイン(Signature)は、私は、自分の名字を漢字で書きました。

次に、4号棟で支払います。
100元です。

f:id:shimake:20210418000912j:plain

そして、注射。
今日打つワクチンを見せてくれて(写真もOK)、さっと消毒してさっと打ってくれます。
打つのは、てきぱきさくさくと終わります。
注射自体は、全然、痛くなくて、逆にびっくりしましたよ。

今回、失敗したのはトレーナーを着ていったことです。
注射はー腕の上部ーほぼ肩に近いところに打ちます。
袖が上がらなくて苦労しました。
Tシャツの上にコートなど羽織る形で行ったほうがラクだと思います。

注射を打つと、医者が以下のシールに接種終了時間を記入します。
そのシールを服(見える位置)に貼って、30分待機です。

f:id:shimake:20210418001036j:plain

待機場所で30分すぎると、帰宅OKです。
本当にスムーズに終わりました。

ワクチンに関わっている関係者の方々は、親切で、しっかりしています。
すべてがマニュアル通りきれいに進みます。
感心しました。

接種者の中には、日本人も多くいらっしゃったように思います。
会社単位または友達同士で来ているのかな~、というグループをいくつかお見掛けしました。
私も友達と来ればよかったかしら?いないけどなw

さて、最初にも書きましたが、接種後の健康状態。
夫は、全く問題なし。
注射を打たれてた場所を中心に少し痛みがあるそうですが、それだけとのこと。
まあ、本当に元気な人で感心します。

私も、ほぼ問題なしです。
一番心配だったアレルギーは出ていません。
15時過ぎに接種→16時過ぎ帰宅したころは元気でした。17時頃に、すごい倦怠感が襲ってきて横になりました。1時間程度で回復しました。
接種した左腕は痛いです。
私の場合、肩回りから脇にかけて、まあまあの痛みがあります。
あと、いつもと比べて、左手に力が入りません。

そんな状態ですが、シャワーはしてしまいました。
「当日は風呂に入るな」という注意があるんですけどね。
自己責任で軽くシャワーを浴びました。
浴びる前より、すっきりして元気になった気がします。
というわけで、今はすこぶる元気です。

3~8週間後に2回目を打たなければいけません。
5月第3週の土曜日が空いてたらいいんだけど、どうなのかな~?
まだ、5月のスケジュールが出ていないので、早くしてほしいな~と思っています。

茶館 隐溪茶馆 环贸店

f:id:shimake:20210417004806j:plain


すっかり、中国茶、というか「茶館」にはまってしまいました。
今回は「隐溪茶馆 环贸店」でお茶を楽しみました。
地下鉄陕西南路站7号出口の目の前。「环贸iapm商场」の目の前です。

まず、素敵な個室に通されます。
これがとてもとても居心地のいい空間でした。
一応、3~4人のお部屋を、ぜいたくに、一人で使ったせいもあるかと思います。

f:id:shimake:20210417004837j:plain

f:id:shimake:20210417004818j:plain

お茶は、店員さんおすすめの普洱茶を選びました。
アクもなく、とても美味しくいただけました。
一人で行っても、お茶請けの果物やお菓子類は二人分出てきます。
ただ、绿豆糕は一個だけw
たくさんあるので、ランチ代わりに行くのもアリかと思いました。
味は間違いないです。

素敵な空間で気楽な時間を過ごせます。
店員さんも、お茶とお菓子を届けたら、呼び出しボタンを押さない限り、入ってきません。
本当にプライベートな空間、という感じで、だらだらのびのび出来ます。
私はお茶とお菓子をいただきながら、日本から持ってきた小説を読んだり、スマホでネットサーフィンしてみたり。
「個室」っていうのが本当に良い感じです。

f:id:shimake:20210417004859j:plain

f:id:shimake:20210417005006j:plain

外のお部屋はこんな感じ。
外のブースは、中が見えてしまうので、友達同士など、完全ダラダラモードにならない関係の人と楽しくおしゃべりするのがいいかと思います。
一人でもある程度、きちんとされる方は、もちろん外も良し♡
一人で行くなら、室内がおすすめ。ソファに寝転んでスマホを見てしまいましたから、私。ダメ人間。

確か、古北にも支店がありますよね?
古北はどんな感じなのか?
また機会があれば行きたいです。

昼食 玫瑰咖啡厅

f:id:shimake:20210415223635j:plain

f:id:shimake:20210415223836j:plain

写真を撮る前にソースをかけてしまいました。出来たてはもっと華やかで綺麗


本日のランチは、花园饭店(オークラホテル)の「玫瑰咖啡厅」にて。
メインはスズキのソテー。
これに、スープ・サラダ・パン・コーヒーが付いて102.6(税・サ込)です。
やっぱり美味しいですね。
日本人の口に合います。
魚から付け合わせのマッシュポテトまで美味しかったです。

同じお値段を出すなら、やはりオークラに入っているレストランが美味しいな~と思います。
盛り付けもきれいで、日本らしい繊細さがあります。
もちろん、サービスも最高です。
落ち着いた素敵な内装で、ゆったり過ごせます。

虹橋からだと少し遠いんですよねえ。
もう少し近ければ通うのになあ、と思います。

便秘によさそうなアプリ

f:id:shimake:20210414230031p:plain

それはそれは頑固な便秘体質なのですが、上海に来た当初は、便秘解消されていました。
しかし、慣れてきたからでしょうか?
再び、便秘生活に逆もどり。

「ずっとずっと出てない気がする」という「なんとなく」で不快になるよりは、きっちり記録をつけてみよう、と思い、「便秘対策アプリ」を探して出会ったのが「ウンログ」。

f:id:shimake:20210414225346p:plain

使い始めて数か月ほどですが、いいです。
カレンダーやタイムランで、どれだけ出たかがわかりやすく把握できます。
食事内容や体温や体重や体調の記録もできるし、それぞれメモ書きも可能なので、重宝しています。

5日くらい出てない日が、頻繁にある気がしていましたが、そこまで出ない日はありませんでした。
最高でも4日。
だいたい三日おき、という感じ。
まあ三日も出ないと、お腹が張って、苦しいのは苦しいのですが、「まだ三日」と思えます。
おかげで、気分的に、ずいぶん楽になりました。

記録って大事ね、と今更実感しています。

夕食 合点寿司

f:id:shimake:20210413221914j:plain

本日の夕食は、APITAのある金虹桥国际中心の「合点寿司」にて。
まだ火曜日だというのに、急にお寿司が食べたくなったんです。

f:id:shimake:20210413221910p:plain



何を食べようかと迷ったのですが、大众点评に「ペアセット」的なクーポンがあったので、それをいただきました。
ドリンク二杯(アルコールもOK)と、お寿司、刺身、すき焼き、茶碗蒸し、果物、プリンと、一通りそろっていました。
味は普通の合点寿司なので、安心してください。
量は、夫婦二人だと、多め。
夫婦+子供一人、くらいだとちょうどいいんじゃないかな~と思いました。

f:id:shimake:20210413222026j:plain

f:id:shimake:20210413222035j:plain

茶碗蒸しと刺身とお寿司は、おいしかったです!
すき焼きは関東向けの味付けなのか、個人的に好みじゃありませんでした。まずくはないです。
APITAに売ってる日本人パティシエ監修のプリンもついてきます!
このお店のプリンは好きなので、かなりうれしいです。

ウエイターの男の子をはじめ、店員さんもみんな感じがいいです。
てきぱき働いています。
板場に日本人の方がいらっしゃったので、言葉の点でも安心です。
結構お得なセットなんじゃないかと思います。
満足です♪