上海の隅で駐在妻

上海の端・松江区から長寧区に引っ越した駐在妻の日々。部屋の隅で膝を抱えていたとしても、そこには触れません。キラキラ楽しそうに振る舞うブログです。

夕食 白玉兰

f:id:shimake:20210725215232j:plain

本日の夕食は、花园饭店3階の「白玉兰」にて。
美味しかったです!
夫婦二人だと、それほどたくさんの量が食べられないことだけが残念。
上海で食べる中華は、どこも美味しいのですが、ここの中華が一番、私の口に合うかなあ~、と思ったりします。

f:id:shimake:20210725215209j:plain

f:id:shimake:20210725215212j:plain

本日はカニ尽くし。
アスパラと蟹の炒め物も蟹豆腐も、とても上品で、美味しいです。
どこで食べてもハズレのない二品ですが、洗練された味だと思います。
そして、カニチャーハン!
今まで食べた中国のチャーハンの中で、一番好きかもしれません。今まで私的NO.1だった鼎泰丰を超えた気がします。
カニに紛れ込んでエビシューマイ。
これも間違いないですね。
キノコのいい香りがして、ぷりぷりで美味しかったです。

デザートは杏仁豆腐。

f:id:shimake:20210725215250j:plain

ここは、スタッフさんの対応も素晴らしいし、本当に美味しくて満足です。

行政房に泊まると、料金が10%OFFになるので「サービス料」と相殺。
これに6%の税金がかかって603.1元でした。
また来たいな~。

花园饭店のお誕生日プラン

f:id:shimake:20210724221907j:plain

花园饭店では、会員限定で、誕生日限定プランがあります。
「部屋代30%off」という文言だけ見ていて「どの部屋が対象か」なんて考えてもおらず、いつものように「行政房の一番安い部屋」でお願いするつもりでした。
電話してみたところ、このプランに該当するのは「スイートルーム」だということ。
「行政房もOKだと思っていました。スイートは高いので無理。残念><」と言ってみたら、行政房でも30%offで対応してくださることになりました。
さすがオークラ、さすが花园饭店。
ありがたいです♡
朝食付きで一泊1580元です。

というわけで、今日から2泊3日。
のんびりしていたら、ホテルから「生日快乐チョコ」が届きました。
嬉しいです!

ランチは「ROSE」で食べて、おなか一杯になったので、ディナーはラウンジで軽めにいただきました。

f:id:shimake:20210724230518j:plain

前回も思ったのですが、ラウンジの担当者はまあまあ感じ悪いですw
でも、先月よりは、やる気のある盛り付け。
これに、フライドポテトを食べました。
美味しくて、じゅうぶん、お腹いっぱいになりました。

オークラの行政房のいいところは「浴衣があること」と「湯舟と洗い場が分かれていること」に加え、ベッドサイドに布を敷いてくれるところです。

f:id:shimake:20210724231051j:plain

朝、起きたら、たいてい脳がグラグラしていて、スリッパにすっと足が入らないので、いったん、この布の上に足が乗せられるのが嬉しいです。

「日本人むけ」のサービスは抜かりなし。
「古くて狭い」は否めないのですが、清潔でキレイです。
日系ホテルなので、日本語も通じるし、安心してゆったり過ごしたいと思います。

昼食 The Kichen Table

f:id:shimake:20210723171409j:plain

昨日は病院帰りにWホテルの「The Kichen Table」でランチ。
外灘の景色がきれいに見えることで有名ですが、本当の本当に特等席ですね~。
夜はすごいだろうなあ。
宿泊すれば、プールを楽しみながら、景色もみられるのですね~。
お料理もとても美味しかったです。
記念日などには超おススメです。

今日の私は、ちょっと血液検査の数値がよくなったから、浮かれポンチな気分のままに来てしまいましたが、だからダメなんだよこのDEBU、という声が聞こえてきそうw
そうなのよね、だからダメなのよね…
でも「旨い」と「甘い」には逆らえないよね~。
うんだからDEBU。

大众点评の平日ランチクーポンを利用しました。

f:id:shimake:20210723173509j:plain


メニュー左側の前菜から一つ、右側の主菜から一つ選び、デザートバイキング付き、というクーポンです。
真ん中の特別メニューは選べません。
また、ドリンクの類もついていないのでご注意を。

レストランは、テラス席だけでなく室内も素敵です。
もちろんサービスもよいです。
いい感じに放置もしてくれるので、おひとり様でも居心地がよかったです。

f:id:shimake:20210723173515j:plain

f:id:shimake:20210723173528j:plain


昨日の私は、前菜は「ケールとナッツとベリーのサラダ」を選び、主菜は「シーフードと野菜のグリル」を選びました。
玉ねぎパンは付いてきました。

f:id:shimake:20210723173532j:plain

たっぷりのサラダを見たときは、ちょっとげんなりしたのですが、食べだしてみたら止まらない!
ドレッシングがすごく美味!
ナッツとイチゴとブルーベリーとチーズに葉っぱというのが、かなりおいしい組み合わせでした。

シーフードと野菜のグリルもおいしかったです。
「大きなお皿にちょこん」ではなく「BBQ盛り」というイメージの野趣あふれる見栄えですが、ソースが繊細で、すごくマッチしています。
特に貝類との相性が良かったです。

食後のデザートバイキングと有料のコーヒー。
マドレーヌは、頼んでいないのに勝手にサービスされます。
残りのケーキ3個は、自分でとったので、なんか汚い感じになっていますが、実際は、すごく綺麗でおいしそうなんですよ~。
腕も悪いし、不器用だし、で写真はあれですが、全然違いますから!
もっと綺麗で美味しそうですから!

f:id:shimake:20210723173801j:plain

ケーキは10種類弱でアイスクリームもありました。
左のチーズケーキとミニカップのマンゴプリンは、すごく美味しかったです。
マドレーヌもかなり美味。レベル高し!
ただ、右下のベリームースは、かなり甘いです。甘いもの大好きな私が「甘すぎる…」となって、半分しか食べられませんでした。

コーヒーは有料ですが、この手のレストランで40元は安いですよね。
掛け値なしで美味しかったのも良かったです。
「夜上海」の文字が入ったカップが上海らしくゴチャゴチャしてて気に入ったので「駐在記念に良いかも」と思い、探しました。
「Luserne」というメーカーのものですがオンラインショップを見ても、これはありません。
特注なのかな?期間限定商品だったとかかな?
もうちょっと探してみよう。

269元+40元=309元とランチにしては激高ですが、満足です。
料理は本当に美味しいし、眺めも抜群だし、サービスもよい。
高級ホテルなので、ロビーなども「さすが~」と思いました。
高級リゾート気分が味わえる!
高いですけどね…
でも本当に良かったです。
一回は泊まりたいなあ。

上海市第一人民医院 膠原病定期診療

f:id:shimake:20210722234016j:plain

虹口の上海市第一人民医院に、関節リウマチの診療を受けてきました。
そのあと、Wホテルまで徒歩で行ってみたのですが、こんな景色が見られました。
オールド上海の街並みや生活を垣間見つつ進むと、目の前に高層ビルですよ~。
ちょっと得した気分でした。

血液検査の結果は、以前より、少し良くなっていました!

f:id:shimake:20210723002456j:plain

f:id:shimake:20210723002459j:plain

リウマチのほうも落ち着いているし、肝臓も「かなり悪い」から「そこそこ悪い」くらいまで良くなったので、とりあえず安心しました!
まあ、ぼちぼちでんな。

本日の支払金額は以下。

f:id:shimake:20210723002911j:plain

3か月分のメトトレキサートとビシクロール。
葉酸は、残っているので、今回は無し。

医師の診察料が500元。

残りは次回の血液検査代なのですが、高い~。
中国の血液検査料金は安いので、546元っていうのは、初めて見ました。
いったい何の検査をしてくれるんだろう?
次回が楽しみというか、こわいというか。

次は10月下旬。
国慶節が終わってからかな~。
気候もいい時期なので、魯迅公園から内山書店コースを回れたらいいな~、と思います。

謎の桃が届く

f:id:shimake:20210721205053j:plain


淘宝大好きな私たち夫婦の名前が
日本 一郎
日本 花子
として、住所が
長寧区〇〇路12345号
とします。

先週、そんな私たち夫婦のところに、謎の桃が、送られてきました。

金曜日の朝、快递の配達員から電話がかかってきました。
電話は全く聞き取れない私。
家政婦さんがいたので、代わりに出てもらいました。
「日本太太宛に荷物が届いているけど、住所がわからない。▽▽西路に置いておくから、取りに来て」
という内容。中国あるある。
送り主が「〇〇路」ではなく「〇〇西路」と住所を間違えて記載していたようです。
「西」を重んじた配達員さんは「▽▽西路」に持って行ったよう。
「▽▽西路」までは2キロ以上あるので困ったなあ、と思っていたら、家政婦さんが取ってきてくれる、ということ。
時間外だし業務外。
本当に申し訳なかったです。

ただ、この時はまだ「淘宝で注文した何か」だと思っていました。
ところが、家政婦さんが取ってきてくれたのは~。
桃。1ダースの桃。謎の桃。
注文した覚えはありません。
受け取っていいものなの?これ??
家政婦さんに言っても仕方がないので、とりあえず、受け取りました。

f:id:shimake:20210721205110j:plain


住所は「西」という余分な一字がついていたけど、棟数や部屋番号はあっている。

あて名は「日本太太」=「日本さんの奥様」。
私関係の人ならば「日本花子」で送ってくるはず。
「日本さんの奥さん」ということは、夫の仕事関係者からかしら?

でも、配達員さんは、夫ではなく私の電話番号に電話してきました。
夫の仕事関係者が私の電話番号を知っているとか有り得ない気がする。
そもそも中国では、何かご縁ができても、微信(ウィチャット)の交換止まりで、電話番号を教えることはありません。
いったいどこから私の電話番号が???

中を見たら、何か手掛かりがあるかも、と思い、開けてみました。

f:id:shimake:20210721205137j:plain

桃だけ。桃オンリー。
手紙やカードどころか、チラシ一枚入っていません。

ただ、いただいた桃をみて、送ってきたのは日本人でなく中国人だと確信しました。
(こう言っては何ですが)日本人が桃を送るなら、もうちょっと見目麗しい桃を送ると思うんですよね。
中国でも果物はピンキリで、ピンのものは日本のそれと変わらないレベルなので、このクオリティの桃を日本人が日本人に送る、というのは、たぶん、無い。
送り主が中国人となると、お手上げです。

桃が届いた時点で、夫に連絡し、宛名の写真や桃の写真も送りました。
ただ、夫も思い当たる節はない、ということ。
会社の通訳さんが、配達員やスーパーの店員さんに連絡してくれましたが、送り主は結局わからず…

「この桃はどうしたらいいんだろう?」
と通訳さんに聞いてみたら
「日本花子宛なのは間違いないので、食べても大丈夫です」
と力強くいってくれました。

食べていいんだ…
でもな、ちょっとな、ほらな、やっぱな、なあ…

一体、だれが、なぜ、私に、桃を送ってきたの~?
そしてなぜ、住所と電話番号を知ってるの~??
謎だわ…

捨てるのも勿体いので、家政婦さんに2個、会社に6個、持って行ってもらいました。
残った4個はいただきました。
見た目はアレですが甘くておいしかったです♪

要らん度胸ばかりつくなあ、中国生活w

昼食 上島珈琲

f:id:shimake:20210720223831j:plain



f:id:shimake:20210720224124j:plain
昨日は、病院の帰りにブランチを虹口の「上島珈琲」でいただきました。
病院→西本願寺跡→上島珈琲で距離は600mほど。
オールド上海を味わう散歩の終点が上島珈琲って、なかなか良いなと我ながら満足。

f:id:shimake:20210720223808p:plain


この血液検査のため、3日も甘いものを断っていたうえ、朝食も抜きだったので、洋風の甘いものが食べたくて食べたくて。
どんなメニューがあるかわからなかったのですが「日系コーヒー店」なんだから、何かはあるだろう~。
メニューを見てびっくりしましたよw
「日本のファミレス」という感じの品ぞろえで、豊富なドリンク類に加え、洋食と中華がたくさん。
以下のメニューの写真は「一部」です。

f:id:shimake:20210720223843j:plain

f:id:shimake:20210720225053j:plain

f:id:shimake:20210720223754j:plain


そんな中、頼んだメニューは「原味ワッフル」と「上島珈琲」。

f:id:shimake:20210720224857j:plain

ワッフルは失敗でした…
いえ、味は普通に美味しいワッフルなんです。
マンゴーワッフルでもイチゴワッフルでもなく、ただのワッフルを頼んだのは、たっぷりの生クリームとたっぷりのハチミツを食べたかったからなのですが、写真の通り。
甘いの節約しすぎじゃね?
ワッフル生地そのものが、ちょっと甘くて美味しいから、いいんだけどさ…。
中国では、ホットケーキにしろワッフルにしろ、私の求める「シンプルだけど激アマ」というものにはたどり着けませんw

それから、中国では「トマトは果物」です。
おやつにバナナは入りますか?的な感じですが、ミニトマトはフルーツです。
ちょっと面白いですよね。

コーヒーもワッフルも、いわゆる「普通に美味しい」です。
第一病院に行く用事のある方には、割とおすすめ。
「昭和の純喫茶風」で、懐かしさも感じます。

血液検査と西本願寺跡

f:id:shimake:20210719222619j:plain


今日は、関節リウマチの診察のための血液検査をしに、虹口の上海第一人民医院に行ってきました。
日本だと同じ日に血液検査と診察をしてもらえるのですが、上海では無理。
なので、今日は、血だけ抜いてきました。
ほんの3分のためにわざわざ…
これは本当に本当に面倒くさいです。
診察のため、木曜日に、再度、行かなくてはなりません。
あああああダルい~~~。
前回の治療時に今日の血液検査代金は支払っているので、検査代は0円でした。

ただ前回行ったときにわかったのですが、この上海第一人民医院は、外灘に近いだけでなく、「かつての上海」のイメージを色濃く残した場所にあります。
ぶらぶらっと歩いているだけでも、オールド上海に浸れます。

今日は、ほんの400m先にある「西本願寺跡」に行ってきました。
地球の歩き方」では、こんな風に紹介されていました。

f:id:shimake:20210719224655j:plain


そして、今日撮った写真はこんな感じ。

f:id:shimake:20210719222548j:plain

本当にこの写真部分しか残っていないですw
ただ「優秀歴史建築」として、認められているだけあって、たったこれだけでも、すごく立派です。
これが日本の寺院なんだな~、としみじみ眺めてしまいました。
すごく懐かしさを感じました。
中国国内のお寺は、いくつか見ましたが、やはり日本とは違うんですよね。
同じ仏教が根底にあるのに全く違う、と思うと、興味深いです。
ずっと日本に帰っていないのもあって、こういう「日本」を見て、ちょっと嬉しくなりました。

写真を撮ったり、じっくり眺めたりしていたら、同年代と思しき、中国人女性に話しかけられました。

「ほにゃほにゃほにゃほにゃ很漂亮」
と「很漂亮」部分はわかったので
「对对。我喜欢这个。很漂亮」
と答えて、微笑みあって別れましたw

木曜日の診察は11時から。
なので、先に魯迅公園に行って内山書店跡を見て、病院に行くのもいいかも、と思っています。
魯迅公園からだと、2km以上あるんですけどねw
がんばったら歩けるかな~。
天気次第かなあ。

自分のためとはいえ、ただただ面倒な病院通いも、ちょっと楽しみになります。